電解マーキング/ワークスペース
お店について

About

おしらせ

News

ワークスペース

Work space

JAMSCHOOL

Work shop

Web shop

アクセス

Access

ONLINE OMISE
電解マーキング印刷とは?

電解マーキング印刷とは、シルクスクリーンの版を使って電気を通しながら金属に印刷をする方法です。

インクを使わずに印刷できるので、実はシルクスクリーンより簡単にできるんです。電気が通った場所は黒くなります。スプーンやフォークなど、様々な素材をご用意しているのでぜひお試しください。

素材一覧 各種テンプレート
印刷サンプル
ステンレス 鉄 アルミ

一番きれいに、安定した仕上がりです。

印刷はできるが錆びやすい。

ほぼ見えません。

真鍮 銅 B亜鉛引き鉄

印刷はできるが、ムラが出やすいです。

比較的きれいに仕上がります。

ぼやっとして白っぽく仕上がります。

同じ素材でも、物によって電気の通り具合が変わるので仕上がりは異なります参考程度にご覧ください。

お店で販売している素材はすべてステンレス製できれいに印刷できますが、素材を持ち込んで印刷される場合は、たくさん印刷する前に、きれいに印刷できるか必ず試していただくのを強くおすすめします。

ブリキ

印刷はできるが、ムラが出やすいです。

ご利用・作業の流れ
1.受付する 2.選ぶ 3.製版する 5.刷る

ご来店いただき、受付でご予約のお名前をお伝えください。

印刷する素材をお選びいただきます。

データもしくは紙原稿からシルクスクリーンの版をつくります。

当日ご来店いただいてから、その場で原稿を描いていただいても問題ありません。

準備ができたら、刷りたいものに刷りたいだけ刷ります。作業中に素材を追加購入も可能です。

 

6.拭く・片付け 7.お会計

印刷したものをきれいに拭いたら完成です。

最後にお会計をして終了です。

Copyright© 2019 JAM co.,ltd. All Rights Reserved.